騎手になるために | 確かな効果をしっかりと身につけて【マッサージは極楽】

騎手になるために

合格するには狭き門である

競馬学校は、将来騎手になる人を育成する学校です。ただし、合格をするには非常に狭き門です。競馬学校に毎年何百人と受験するのですが、合格するのは数名です。10名に満たない年も何年もあります。また受験資格も厳しく、体重が特に厳しく体重は何キロ以下と制限があります。また、両親の面接もあるのです。面接で両親の体系をみます。両親をみて身長や体格から将来太りやすいか身長はどこまで伸びそうかなどを判断されるからです。乗馬経験に関しては不問です。競馬学校に入学をされてからはじめて馬に乗って活躍している騎手もたくさんいます。また、合格をしたとしても体調管理に気を付けなければならないです。日々の体重検査で体重オーバーが続くと退学になるのです。

競馬学校学費について

競馬学校の学費は、全額自己負担になります。当たり前のことではあるのですが、実は数年前までは競馬学校側で学費はもってくれたのです。なぜかというと、騎手の質の低下です。せっかく競馬学校を卒業したにもかかわらず、まったく活躍できないまま引退をしてしまう騎手が増えたからです。そのため、入学の段階で学費を自己負担をしてさらに合格者を絞ることで、より優秀な素質のある人を入学させようとのことなのです。しかし、その合格者数も途中で止めてしまう人を見込んでです。10人程度しか合格しなかったのに実際に卒業ができたのが3人しかいなかったという年もあるくらい、入学してからは非常に厳しいのです。それなりの覚悟がある方が入学してきていますので、今後は騎手の質も上がっていくと予想されます。

Copyright© 2015 確かな効果をしっかりと身につけて【マッサージは極楽】All Rights Reserved.

Reserved. Design by http://f-tpl.com